読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pappa Blog

Pappa Blog は、ダンボール工作好きの42才会社員が、ダンボール工作、ガジェット、夜食、家族などについて書いています。

新商品 カップヌードルパスタスタイル ボロネーゼを食べたよ!リピ確定!いやヘビロテだ!!

 みなさん、深夜にカップ麺食ってますか?

妻・子供が寝静まった後、深夜に日清焼きそばUFOを食べる背徳感がたまらないパッパです。

さて、私の大好きな「夜食」の会ですよ!!!

先に言っちゃいますと、今回のは大当たり!!新しいジャンルを切り開いてくれました。私、絶対ヘビロテしちゃいそう!

6月29日に発売された、カップヌードルパスタスタイルボロネーゼと、ボンゴレ。

今回は、私がもともと大好きな、ボロネーゼの方を食べてみましたよ!!

新商品 カップヌードルパスタスタイルボロネーゼとは?

公式HPをみますと、

 カップヌードル "初" のパスタが登場!

湯切りして食べる新しいスタイルの縦型カップパスタです。もっちりとした食感とプリッとした歯切れの良い麺に、トマトベースの濃厚な味わいのソースが美味しさを引き立てます。

白い切り口で商品をアピールしています。

イタリアで『パスタと認めてもらえるか?』の調査を実施し、

実に86%のイタリア人に『パスタではない!』と言われたというもの。

動画も展開してます。


カップヌードル 「Pasta? Not Pasta? 篇」 - YouTube

動画の最後には、

『パスタではないんだけど、味はおいしい。』というイタリア人の反応があり、自虐で観させておいて商品のアピールポイントをきっちり伝える内容になっています。

 

商品の宣伝もさる事ながら、縦型のカップヌードルを湯切りをして食べるという感じが、それだけで新鮮に感じて、コンビニで見つけたときは迷わずゲットしちゃいました。

 それでは、実食です!

パッケージングと、中身

f:id:cardboarders:20150702225911j:plain

f:id:cardboarders:20150702223502j:plain

大きさは普通のカップヌードルと同じくらい。

太麺なのか、「熱湯5分」の表示が確認できます。黄色とオレンジを基調としたパッケージが食欲をそそります。

蓋を開けると、中には、調味オイルと粉末ソースの袋が合計2つ入っています。↓

粉チーズは入っていないんですねぇ。残念。

f:id:cardboarders:20150702223649j:plain

 中には、↓太麺と、ひき肉の固まったものが確認できます。

f:id:cardboarders:20150702223759j:plain

調理にはいりまーす。

お湯を注いで、5分まちまーーーす。

f:id:cardboarders:20150702223922j:plain

 湯切り口は↑↓いわゆる「ターボ湯切り」になっています。

f:id:cardboarders:20150702224055j:plain

5分経ったので湯を切って、調味オイルと粉末ソースをかけまーす。

f:id:cardboarders:20150702224204j:plain

赤い粉がまぶりました。

袋麺の焼きそばもこんな粉ソースで味付けますよね。

しっかり混ぜたら完成ですよ!!

f:id:cardboarders:20150702224411j:plain

あれ?思ってた感じの色ではなく、白い感じですねえ

 パスタをお箸で食べるのも微妙ですけど。

コンビニの店員さんも「パスタ」であることに気付かなかったんでしょうね。

食べてみた感想!

 実食してみた感想です。

最初っから言っちゃいましたけど、メチャうまかったです!量が少なめで、もう一ついけそう!いや、食べたい!という感じでした。

まずは、食感。

太めの麺がもちもちしてて、ボリューム感があり、麺食ってるって感じになります。

しかも、縦型のカップヌードルでパスタ食ってるのが新しく面白い。

 

そして、

これも、美味し。色の割には、味もしっかりついてて、特にひき肉の部分が当たったときは、コクが増してウマーーーですよ。

ただね。私は、ボロネーゼに粉チーズを山盛りかけて食べるのが好きなので、

粉チーズは付けて欲しかった!!そこが悔やまれます。

次食べるときは、自分で粉チーズを必ず用意しようと思います!

 

イタリア人はパスタと認めませんでしたが、そんなの全くカンケーありません!!

私は必ずリピしますよ!

 

このブログを見てくださった方、一度食べてみてください!ホントおすすめですから!!

このカップヌードルがメジャー化して、定番商品となり、コンビニで買ってもお箸ではなくフォークを付けてくれる日が早く来ることを願ってやまないパッパでした!

 

(おわり!)