読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pappa Blog

Pappa Blog は、ダンボール工作好きの42才会社員が、ダンボール工作、ガジェット、夜食、家族などについて書いています。

iPhoneケースづくりに最も適しているダンボールとは何か!?

こんにちは!今日もダンボールでiPhoneケースを作っているパッパです。一向に飽きる気配がありません!!

 Phoneケースを作るのに適しているダンボール

今日、分かってしまいました。iPhoneケースに最も適しているダンボールが。。。
それは、クラシックラガーのダンボールです!!
今回の「適している」というのは、デザイン的に「適している」ということでして、まずは完成したiPhone5用のケースを見てください。
今回作ったケースはこちらっ
 

f:id:cardboarders:20150519213146j:plain

 

f:id:cardboarders:20150519213301j:plain

カ、カッコイイー!クラシックラガーのダンボールの赤と白のデザインが一目見てキリンビールってわかります。また細かい模様がデザインとして洗練されています。
 

クラシックラガーのダンボールがiPhoneケース制作に適している理由

クラシックラガーのダンボールが、iPhoneケースを作る際、デザイン的に「適している」のか。

それは、ただただカッコイイという理由だけではなく、ケースのそれぞれの面で印刷された文字や絵がケースのサイズにビッタリ収まっているからなんです

 

まずは、表の面↓ 

f:id:cardboarders:20150519213852j:plain

キリンさんがビッタリ入っています。
 
次に裏っかわ↓ 

f:id:cardboarders:20150519214014j:plain

モアビッタリ!「KIRIN BEER」も「キリンビール」の文字もきれいに収まってます。
 
極めつけは、背面!ハイ、ドーーン

f:id:cardboarders:20150519214411j:plainモーストビッタリ!!「LAGER  BEER」の文字が背面にバチコンと入ってます。

 

iPhoneケースを作る際、1面は字や絵が入るように切り取っていきますが、他の2面について同時に字や絵が上手に入るように考慮することはなかなか難しいです。

 にも関わらず、クラシックラガー先生の場合、3面ともビッタリ絵や文字が入ってしまいます。すごい確率だと思いませんか?
こんなもん、ホワイトタイガーが生まれる確率くらい低いですわっ
 
もはや、このダンボール、iPhone5ケース作るために考えられたデザインなんじゃねぇーの?と思えてしまいますよね!? ←あんただけデスよ
 
以前キリンビールダンボールで大失敗したとき↓は気づきませんでしたけど、こんなにビッタリくるとは ホントにおどろきです!

cardboarders.hatenablog.com

 

 今回作ったクラシックラガー柄が、今のところ私の中ではカッコイイ柄ナンバーワンです!キリンビールさんおめでとうございます!←何様ですか
褒めてあげた代わりに、クラシックラガーのダンボール山盛り下さいっ←だから、何様なのか
 
キリンビールの柄、特に今回作成したクラシックラガーの柄はかっこよくて何回も作りたくなっちゃいましたので、iPhone6や6PLUSでも作ってみようと思いましたよ!!
 
どこかにクラシックラガーのダンボール落ちてないかなぁ。
(おわり)