読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pappa Blog

Pappa Blog は、ダンボール工作好きの42才会社員が、ダンボール工作、ガジェット、夜食、家族などについて書いています。

QRコード作成アプリ!「QRコード」をオススメ!!読込データのリスト化も使えそう!

こんにちは!iPhone大好きぱっぱです!!
今回、とある会合に出席するために、仕事以外で初めて名刺を作ることになりました。
 
何か個性的な名刺を作ることはできないかと考えて、思いついたのが、このブログ「Pappa Blog」や、fece book の「Pappa Book」のQRコードを名刺にプリントすることでした。
 
『とある会合』というのは、この春から長男(3才)が入った幼稚園の、お父さん達だけの会合で、自分と同じような年代、同じような立場の人であれば、ブログを共感してもらえるのでは?と考えたからです。
 
QRコードiPhone内でサクサクと作成できる無料アプリはないものかと、インターネットやアプリストアでいろいろ検索し、私が導入したアプリ今回ご紹介するQRコードというアプリです。これ、オススメです!
 
 当初の目的である「オリジナルQRコードをつくる!」という作業は、直感的にサクサクサクッと出来ましたし、できたQRコードは、画像として簡単にiPhone内に保存できました。
 また、このアプリはQRコードの読み取り機能も付いており、私が特に便利だなと感じたのは、読んだQRコードのアドレスをリスト化しておいてくれる機能です。
 気になるQRコードを取り敢えず撮りためておきさえすれば、HPを後からまとめてじっくりと閲覧することができるわけです。なるほど使えそう。。
 
 それではさっそく、オリジナルのQRコードを作ってみますよ!
 
① ↓ オリジナルQRコードが作りたいHPのURLをコピーします。(私のPappa Blog のURL)
f:id:cardboarders:20150515054551p:plain
 
②↓「QRコード」アプリを立ち上げ、「QR作成」ボタンをタップしたあと、「クリップボードの内容から作成」を選択します。
 (URL入力欄に張り付けてもOKで、また、「クリップボードの内容から作成」は選択しっぱなしでもOKです。)

f:id:cardboarders:20150515055755p:plain

 

③↓すると、画面中央にQRコードが出現

f:id:cardboarders:20150515055836p:plain

④↓あとは、できたQRコードをタップすると、メール送信や画像保存ができるようにになります。あ~、超カンタン!

f:id:cardboarders:20150515060131p:plain

 

次に、私が何げに使えるな~、と感じた読み込んだデータのリスト化機能を紹介します。

 

①「読込み」ボタンをタップし、カメラを立ち上げ、iPhoneQRコードにかざしたあと、QRコードをタップします。

f:id:cardboarders:20150515060605p:plain

 

② すると、自動的に「一覧」画面にタップしたQRコードのURLがリスト化して表示されるわけです!

f:id:cardboarders:20150515061159p:plain

 

気になった情報は、QRコードで読み込んでおきさえすれば、あとからじっくり見ていくことができますよねっ。よさげだわぁ。

 

私はこのアプリを使って作成したQRコードを使って、これから名刺を作成してみようと思います。

 

QRコードアプリがほしいなぁと思われている方にはオススメしますよ!!